製薬業界専門の総合転職支援サービス メディエージェント

製薬・医薬業界の転職支援専門サイトとして、最新の製薬業界求人・募集情報をリアルタイムで掲載しています。

 >   >   > 

学術の人材募集・求人情報

求人についての詳細を、面談形式のキャリアカウンセリング、または電話説明にて無料・匿名にてご説明いたします。
キャリアカウンセリング申し込みはこちら
求人情報無料電話説明はこちら

学術

職務内容: 腫瘍血液領域メディカルアフェアーズでは、業務の拡大に伴い、オンコロジー領域(泌尿器科領域)のMSLを若干名募集します。
本ポジションは、開発後期から市販後に向けて、製品と疾患に関するアンメットメディカルニーズを見出し、その解決に向け科学的側面から様々な活動を実施することで、患者さんのベネフィット・リスクバランスを向上させ、製品価値の最大化に貢献していただきます。
  • オピニオンリーダー等の社外顧客との対話や、アドバイザリーボード、論文、学会情報などを通じて、アンメットメディカルニーズの把握し、製品価値向上のためのメディカル戦略を策定し、実行する。
  • 開発後期から社内・Global関連部署(開発部門、安全性部門、マーケティング部門など)と綿密なコミュニケーションをとり、市販後に向けた活動に参画する。
  • 自社製品を適切に使用してもらうため、エビデンスに基づいた科学的、医学的情報を社内外関係者に伝えることをリードする。
  • 医師主導臨床試験を、適切にサポートする。
  • メディカルアドバイザリーボード等を企画・立案する。
  • オピニオンリーダー等とのネットワークを構築し、得られた情報をグローバルを含む社内に還元する。
勤務地: 大阪本社、東京支社(いずれも可能)
入社時期: できるだけ早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【学歴・資格】
  • 大学卒以上、かつ理系学部出身であること(薬学、医学部であれば尚可)
【経験・職務に必要な能力】
  • 製薬会社での臨床、研究、開発、メディカルアフェアーズ、MSL、学術、マーケティング、MR、いずれかでの実務経験
  • 優れたコミュニケーション能力、対人調整力、交渉力を持ち、社内外の関係者との良好な関係を構築できること
  • 科学的および論理的思考を有すること
  • (望ましい条件) オンコロジー領域の実務経験
  • (望ましい条件) 製薬企業での臨床開発あるいはメディカルアフェアーズ等での実務経験
【スキル・語学レベル】
  • ビジネスレベルの英語力 (TOEIC 700 点以上)
  • ワード、エクセル、パワーポイント等の基本的なPCスキル
  • 日本全国への出張が可能な方(月10-15回程度)
経験:  
職務内容: 腫瘍血液領域メディカルアフェアーズでは、業務の拡大に伴い、血液領域(血友病)のScientific Expert あるいはMSLを若干名募集します。
本ポジションは、開発後期から市販後に向けて、製品と疾患に関するアンメットメディカルニーズを見出し、その解決に向け科学的側面から様々な活動を実施することで、患者さんのベネフィット・リスクバランスを向上させ、製品価値の最大化に貢献していただきます。
  • オピニオンリーダー等の社外顧客との対話や、アドバイザリーボード、論文、学会情報などを通じて、アンメットメディカルニーズの把握し、製品価値向上のためのメディカル戦略を策定し、実行する。
  • 開発後期から社内・Global関連部署(開発部門、安全性部門、マーケティング部門など)と綿密なコミュニケーションをとり、市販後に向けた活動に参画する。
  • 自社製品を適切に使用してもらうため、エビデンスに基づいた科学的、医学的情報を社内外関係者に伝えることをリードする。
  • 医師主導臨床試験を、適切にサポートする。
  • 企業主導治験あるいは製造販売後調査の論文化をリードする。
  • メディカルアドバイザリーボード等を企画・立案する。
  • オピニオンリーダー等とのネットワークを構築し、得られた情報をグローバルを含む社内に還元する。
勤務地: 大阪(東京支社も可)
入社時期: できるだけ早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【学歴・経験・職務に必要な能力・スキル・資格等】
必須条件:
  • 大学卒以上、かつ理系学部出身であること(薬学、医学部であれば尚可)
  • 臨床、研究、開発、メディカルアフェアーズ、MSL、学術、マーケティング、MRのいずれかでの実務経験約2-3年
  • 優れたコミュニケーション能力、対人調整力、交渉力を持ち、社内外の関係者との良好な関係を構築できること
  • 科学的および論理的思考を有すること
  • ビジネスレベルの英語力 (TOEIC 700 点以上)
  • ワード、エクセル、パワーポイント等の基本的なPCスキル
  • 日本全国への出張が可能な方(月7-10回程度)
望ましい条件:
  • ヘマトロジー(血友病)領域の実務経験
  • 製薬企業での臨床開発あるいはメディカルアフェアーズ等での実務経験
【資質的要件等】
  • 顧客との強固な関係を構築し、顧客の立場に立った解決策を提供できる。
  • 厳しい状況にあっても、説明責任を保ちながら、着実に成果に結びつけることができる。
  • 共通の目標を達成するために、周囲と信頼関係を構築し、協力して業務を遂行できる。
経験:  
職務内容:
  • TL(Thought Leader )等の社外顧客とコミュニケーションを円滑におこない、医学的製品価値の向上を戦略的に考える。
  • 開発後期から社内・Global関連部署(開発部門、安全性部門、マーケティング部門など)と綿密なコミュニケーションをとり、市販後に向けた活動に参画する。
  • 自社製品を適切に使用してもらうため、科学的、臨床医学的エビデンスを社内外関係者に伝えることをリードする。
  • 医師主導臨床研究での責任医師とのdiscussionを行う。社外医師からバイエルの薬剤を使用する研究へのサポートの依頼があった場合、サポートの是非を決める社内審査を医学科学的観点からリードする。医師主導臨床研究で研究の進行や解析・論文化に関与することはない。
  • 企業主導臨床研究、治験、市販後調査におけるメディカルリード(プロトコールの立案、結果の解釈や学会発表・論文化等)を担当する。
  • TL (Thought Leader) とのアドバイザリーボード会議含め各種メディカル会議の立案・実施を行う。
  • Medical strategy に沿ったMSL(メディカルサイエンスリエゾン)スライド作成をリードする。
  • MSLや関連他部署からの医学科学的質問への対応を行う。
  • メディカルインフォメーション部門の作成したプロモーション資料/教育資料を医学科学的にレビューする。
勤務地: 大阪
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【学歴・経験】
  • 学歴:理系大学院博士課程修了者(薬学、医学系であれば尚可)
  • 経験:企業経験があれば歓迎
  • 循環器学、統計学、臨床研究一般の知識・経験があれば尚可
【職務に必要な能力・スキル・資格等】
  • タイムラインを厳守し、期限に沿ってそれを進められる能力
  • 論文作成能力(英語及び日本語)
  • 英語:中級以上、TOEIC730点相当以上(英語でコミュニケーションができるレベル、海外留学経験者歓迎)
  • PCスキル(ワード、エクセル、パワーポイントの基本操作)
【資質的要件等】
  • 顧客との強固な関係を構築し、顧客の立場に立った解決策を提供できる。
  • 厳しい状況にあっても、説明責任を保ちながら、着実に成果に結びつけることができる。
  • 組織目標と整合した方策を推進するために、計画を立案し、業務に優先順位をつけることができる。
  • 将来の可能性を見極めたうえで、現状を打破する戦略を策定できる。
経験:  
職務内容: 自社製品に対する高品質な学術情報を提供し、自社製品の適正使用の推進と製品価値の最大化に寄与します。社内外への学術情報提供と、資材作成やMRへの疾患や製品知識の教育がメイン業務です。
情報収集から評価・分析を行い、資材作成までを包括的に行う部署です。
プロダクトとしては腫瘍領域が3製品、血液領域は2製品を担当しています。今回の募集は、腫瘍領域の製品担当を希望しますが、血液領域の経験者も歓迎します。
勤務地: 大阪本社または東京支社
入社時期: なるべく早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 理系大卒以上(薬剤師等の医薬学知識を有する方歓迎)
  • 学術担当として資材作成や教育コンテンツ作成の経験がある方(先発品・新薬の学術資材作成経験がある方、プロモーションコードに高い知識のある方歓迎)
  • 部内や社内外の関係者と円滑に業務を完遂すること、製品戦略(ビジネス的見識)とメディカルの見識とのバランス感覚に優れた方が必須条件
  • 腫瘍・血液領域での3年以上の経験あるいは学術知識のある方は、資材作成経験は必ずしも必須としません
  • 英語論文を問題なく理解できる英語力(TOEIC700以上)
  • PCスキル:ワード、エクセル、パワーポイントスキルは必須
経験:  
職務内容: メディカルアフェアーズ本部では血栓症領域 メディカルサイエンティフィックリエゾンを募集します。
本ポジションは、開発後期から市販後に向けて、製品と疾患に関するUnmet Medical Needsを見出し、その解決に向け、関連医学情報の提供、討議機会の設置、科学的エビデンス創出のための研究の可能性検討などを行います。
これらの活動により、患者を守ること、製品価値の最大化に貢献していただきます。自ら課題に立ち向かう力強いオーナーシップと、適切なコミュニケーションをもって社内外のステークホルダーをリードできる方を歓迎します。
担当製品は、バイエル薬品の主要製品である血栓症領域の製品です。
  • TL(Thought Leader )等の社外顧客とサイエンスディスカッションを通じて、製品価値の向上を戦略的に考える。
  • 開発後期から社内・Global関連部署(開発部門、安全性部門、マーケティング部門など)と綿密なコミュニケーションをとり、市販後に向けた活動に参画する。
  • 自社製品を適切に使用してもらうため、科学的、臨床医学的エビデンスを社内外関係者に伝えることをリードする。
  • 臨床試験や製造販売後調査の立案・作成の医学的サポートを行う。
  • メディカルアドバイザリーボード会議の企画・立案
  • 医師からの要望に基づくサイエンスディスカッションなど学術的サポート
勤務地:
  • 東日本エリアのいずれか(神奈川〜北海道)
  • 西日本エリアのいずれか(東海〜九州)
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【学歴・経験】
  • 学歴:大学卒以上、かつ理系学部出身であること(薬学、医学部であれば尚可。Ph.D,MD尚可)
  • 経験:臨床、研究、開発、メディカルアフェアーズ、MSL、学術、マーケティング、MR(大学病院の担当経験)。経験領域は不問。(循環器経験者、循環器疾患に知識があれば尚可。)
【職務に必要な能力・スキル・資格等】
  • 英語:中級以上、TOEIC 700点程度相当 (英語論文の理解が出来るレベル)
  • PCスキル(ワード、エクセル、パワーポイントの基本操作)
経験:  
職務内容: MedDRA メンテナンス業務(医薬品の副作用報告用の用語集(英語)の日本語版を維持管理する。新規用語の追加や定期データ更新など)
  • 日本のユーザーからの追加変更要請対応
  • 追加変更要請のインターナショナルレビューの対応
  • 暫定定期更新作業
  • 定期更新
  • シノニム更新
  • 作業マニュアル等の整備
  • スケジュール管理
  • MedDRAに関する社内サポート(社内アナウンス、問合せ対応等)
  • 英語サポート業務(議事録作成等)
勤務地: 東京
入社時期:  
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 必須
  • 英語力(医学文献等を読解でき、海外との業務連絡を支障なくこなせること。英検準一級以上、TOEIC800点以上が望ましい)
  • 医学、薬学用語に関する基礎知識
  • 正しい日本語表現力・読解力
  • インターネット、文献検索等を利用した調査スキル
  • ワード、エクセルの活用スキル
あれば尚可
  • 医薬品、医療機器業界での勤務経験があれば尚可
  • CIOMS等の翻訳経験があれば尚可
  • MS Accessのスキルがあれば尚可
経験:  
職務内容: 募集背景:
  • メディカルアフェアーズ(MA)本部にてエビデンス創出活動の研究計画の立案およびオペレーションを担う人財の募集。
    エビデンス創出活動のプロジェクト急増により、研究計画の立案および臨床試験のオペレーションを実施するための要員が不足しているため、即戦力として活躍できる人財を募集。
仕事内容:
  • 疾患領域に対する最新情報やアンメットメディカルニーズ等の情報を収集・分析することで、メディカルギャップを特定し、患者さんに貢献するためのサイエンス研究計画の立案と実行を担う
  • 患者さんに貢献するために計画・実行されている市販後臨床研究を、最適に推進するための活動支援(計画・実行・指示)を担う
勤務地: 東京本社
入社時期: ご相談可(なるべく早い時期を希望)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 研究企画の立案および臨床試験のオペレーション経験があり、即戦力として業務を担う能力を備えていること
  • 臨床試験に関する規制(J-GCP, ICH-GCP, 新倫理指針等)に精通していること
  • 国内外スタッフとの良好なコミュニケーションが可能であること
経験:  
職務内容: 募集背景:
  • オンコロジー領域のエリアのメディカル活動業務(MSL機能職)要員が不足しているため、オンコロジー領域を得意とする即戦力として活動可能な人財を募集
仕事内容:
  • エビデンスの創出、普及、浸透活動。領域疾患での専門家(TAE:Therapeutic Area Experts)とのメディカル連携。
勤務地: 各活動エリア(国内11拠点)
入社時期: ご相談可(なるべく早い時期を希望)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 高い専門性(特にオンコロジー領域、がん免疫領域)を駆使した医療関係者への情報提供の業務経験があること
  • 臨床試験に関する規制を熟知している(GCP, ICH-GCP, 倫理指針等)こと
  • 科学的根拠に基づいて医療関係者と良好なコミュニケーションが取れること
  • TOEIC600点以上が望ましい
  • 全国どこでも勤務が可能であること
経験:  
職務内容:
  • 製薬企業におけるMRプロモーション用資材が適切な表現で構成されているかをチェック、審査。
  • 製薬企業が主催する講演会等で演者の講演内容が適切表現であるかをモニタリング。
※講演会が土・日曜日開催の場合、休日出勤あり。
※講演会が地方で開催される場合、出張あり。
勤務地: 東京
入社時期: できるだけ早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【経験】
  • 不問
  • 製薬メーカーにおける学術経験等尚可
  • 研修資材作成経験等尚課
【スキル】
  • Excel、PowerPoint
  • コミュニケーション能力
【資格・ライセンス】
  • 大学卒(薬学部)
  • 薬剤師資格歓迎
経験:  
職務内容: 製薬企業の医薬情報担当者(MR)が医師へ医薬品に関する情報提供を行うにあたっての支援、具体的には電話による説明、資料送付、およびMRに対する連絡業務を担当していただきます。医師には事前に電話をかけることを了承していただいていますので、ストレスなく業務が行えます。
※MR認定資格保有者については39歳まで(理由:長期継続によるキャリア形成のため)

【必要な知識・経験】
  • 当社独自のシステムによる研修(専門領域研修・コミュニケーション能力研修など)を受講いただくことにより、電話業務未経験の方、またブランクがある方でもスムーズに業務に就くことが可能です。
勤務地: 東京、大阪
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【必須条件】
  • 薬剤師
  • MR認定資格
経験:  
職務内容: 当社が運営を受託する大手製薬企業のお客さま相談室DI(医薬品情報管理)・学術業務担当として薬剤師、医師、および一般の方に安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスしていただきます。
具体的には文献検索、資料作成、電話での問い合わせ対応等を行っていただきます。
【勤務内容】
  • 一般的なコールセンターとは違い、こちらからお電話をすることはほとんどありません。電話の相手は医師、調剤薬局・病院の薬剤師、自社MRなどの医療従事者が中心です。デスクワークのお仕事です。
勤務地: 東京、大阪
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 薬剤師資格または認定MR資格
経験:  
職務内容: This role will report to Executive Director of Acute Care and Hospital.
Prepare and implement country medical/scientific strategy (Country Medical Affairs Plan, CMAP)
Identify medical evidence needs and develop/lead local data generation concepts to maximize the scientific value of products in line with the CMAP, present at academic conference and generate publication.
Review study protocols from scientific and strategic viewpoints
Generate medical insights by peer-to-peer discussions with scientific leaders
Stay up-to-date on latest scientific and clinical trends by interactions with scientific leaders, conference visits and a profound knowledge of current scientific literature
Responsible for executing medical activities (e.g. identification of scientific leaders, creation of a scientific platform, organization of advisory board, if necessary)
Respond to scientific exchange with HCP
In-house medical expert responsibilities:
Medical review of promotional materials
Support Professional Information Request (PIR) and Medical Information
Educate and inspire medical affairs team members to have high scientific & ethically compliant standards
Provide internal medical advice and expertise to other departments
Be the central contact point for the global medical teams and other global stakeholders
Lead medical meeting to increase collaboration and align the strategic intend of the franchise
Present scientific content to top management and other stakeholders
勤務地: 東京
入社時期: ご相談可
応募基準
学歴:  
スキル・資格: Required Qualifications:
  • 2-5 years of clinical experience in Japanese/foreign institution, with at least 2 year of formal training at major area in surgery or anesthesiology, e.g. as a researcher (Ph.D.), pharmacist or M.D.
  • Profound scientific knowledge and ability to grasp scientific topics quickly and explain those in a logic and understandable manner
  • Teamplayer and Communicator with proactive, confident and positive personality with ambition to lead and drive topics forward
  • In addition to the basic clinical knowledge/experience, have strong desire to learn new areas and have a flexible mindset
  • Creative, innovative, solution-oriented strategist
  • Well balanced judgement regarding compliance with highly ethical min
  • English proficiency: Able to communicate with international counterparts on a business level. TOEIC 700+ or equivalent in both read/write and listen/speak
Desired Qualifications:
  • Pharmacist, Ph.D. or M.D.
  • Experience in laparoscopic surgery
  • Prior experience in pharmaceutical industry, preferable in Medical Affairs/Clinical development/Marketing
  • Experience in leading a cross-functional team with/without direct report line
  • Working experience in an international team
  • Working experience outside Japan
  • Presentation at international congress
  • Published articles peer-reviewed international journal
経験:  
職務内容:
  • 新規適応症の追加に伴い、承認前・後で必要となる、メディカルアフェアーズ活動計画(Country Medical Affairs Plan:CMAP)を、RDMA(Regional Director of medical affairs)とともに策定する.
  • 活動計画に関連する内容について、ステークホルダーであるOBU(Oncology Business Unit)やJD(Japan Development)関係者と事前に協議を行い、円滑に計画が実行できるように、必要なコミュニケーションを行なう.
  • 適応症におけるチームの一員として、RDMAやMSLのリーダとともにチームをリードしていき、活動計画をMSL・SMIなどとともに実行して、成果を出していく.
  • 担当は1領域だけに固定されず、製品全般において、Pembrolizumab価値向上のために、必須な活動を考え、関係者と必要なコミュニケーションを行うことも想定される.
  • 国際・国内学会に参加して、最新の医学情報を理解するとともに、Scientific Leaders(SLs)とコミュニケーションを取って、円滑な活動が行われるようにする.
勤務地: 東京
入社時期: ご相談可
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 必須条件:
  • がん領域分野でのメディカルアフェアーズ勤務経験者 (3年以上の経験が望ましい)
  • 新規適応症のLaunch経験者(新規抗がん剤のLaunch経験が望ましい)
  • 優れたコミュニケーション能力および対人調整力を持ち、社内関係者と良好な関係を構築できること
  • メディカルアフェアーズの活動計画策定などに関与した経験があること
  • 科学的アプローチ、ロジカルシンキングが出来、他者への説明が出来ること(プレゼンテーションスキルがある)
  • 高い倫理観、コンプライアンスを保ちながら、バランスの取れた事象判断が出来ること
  • 自ら積極的に行動し、新しいことにチャレンジできること
望ましい条件、資質:
  • 薬剤師、看護師、Ph.D、M.D.、いずれかの資格を有するこ と
  • ビジネスレベルの英語力(目安:TOEIC 730点以上)
  • 予算策定やその管理に従事した経験があること
  • 結果思考で行動し、責任感が強いこと
  • 複数の業務を効率的に進めることが出来ること
経験:  
職務内容: This role will report to the Strategic Executive Director of Acute Care and Hospital.
  • Prepare and implement country medical/scientific strategy (Country Medical Affairs Plan, CMAP)
  • Identify medical evidence needs and develop clinical study concepts to maximize the scientific value of products in line with the CMAP
  • Review study protocols from scientific and strategic viewpoints
  • Generate medical insights by peer-to-peer discussions with scientific leaders
  • Stay up-to-date on latest scientific and clinical trends by interactions with scientific leaders, conference visits and a profound knowledge of current scientific literature
  • Responsible for medical launch activities (e.g. identification of scientific leaders, creation of a scientific platform, organization of advisory board, if necessary)
In-house medical expert responsibilities:
  • Medical review of promotional materials
  • Educate and inspire medical affairs team members to have high scientific & ethically compliant standards
  • Provide medical advice for commercial team training
  • Be the central contact point for the global medical teams and other global stakeholders
  • Lead medical meeting to increase collaboration and align the strategic intend of the franchise
  • Present scientific content to top management and other stakeholders
  • Present scientific work at conferences
勤務地: 東京
入社時期: ご相談可
応募基準
学歴:  
スキル・資格: Required/必須条件:
  • 5-10 years of clinical experience in Japanese/foreign institution, with at least 3 years of formal training at major area in infectious diseases, e.g. Internal medicine such as virology, bacteriology, ICU (preferable HIV) etc as a researcher or M.D.
  • Profound scientific knowledge and ability to grasp scientific topics quickly and explain those in a logic and understandable manner
  • Teamplayer and Communicator with proactive, confident and positive personality with ambition to lead and drive topics forward
  • In addition to the basic clinical knowledge/experience, have strong desire to learn new areas and have a flexible mindset
  • Creative, innovative, solution-oriented strategist
  • Well balanced judgement regarding compliance with highly ethical min
  • English proficiency : TOEIC 700+ or equivalent in both read/write and listen/speak
Desired/望ましい条件、資質:
  • Ph.D. or M.D.
  • Prior experience in pharmaceutical industry, preferable in Medical Affairs/Clinical development/Marketing
  • Experience in leading a cross-functional team with/without direct report line
  • Working experience in an international team
  • Working experience outside Japan
  • Presentation at international congress
  • Published articles peer-reviewed international journal
経験:  
職務内容: Role Overview:
Oncology Medical Affairs
  • The regional director of medical affairs (RDMA) is responsible for the scientific strategy of the product, provides medical and scientific expertise to maximize medical communications.
  • The RDMA identifies medical needs and data gaps to develop and support product data generation plans
  • The RDMA is the Scientific expert and Key person to manage the complete products life cycle management by proactively involving all required stakeholders (Science Hub)
  • The RDMA serves as a Key person to develop and execution of Country Medical Affairs Plan (CMAP).
Key Accountabilities:
Medical Strategy
  • Identify Medical Needs and Data Gaps and lead the preparation and implementation of the medical strategy (including launch strategy) in alignment with all stakeholders (Marketing, Global Medical Affairs, Development, OSA) documented in the country medical affairs plans (CMAP).
  • Communicate with the global functions in regards of the product lifecycle management and global alignment of the medical strategy
  • SP Management through SL/ML interaction
  • Develop and Manage the scientific platform and SL/ML Engagement List in collaboration with MSL and SMI.
  • Build and maintain relationships with important Scientific Leaders (Local and Global) through scientific interactions (Scientific Platform discussion) and peer-to-peer communication.
  • Plan & Execute Medical Input Seeking by GHH-sponsored interaction with SL/ML (Medical Advisory Boards, Expert Input Forums, 1-on-1 visits etc.)
Support Data Generation
  • Support data generation strategy to maximize the scientific value of products in line with the local medical and business strategy.
  • Support LDGs from scientific and strategic viewpoint in collaboration with OSD/OSAD, as well as execute non-intervention post-marketing studies as the responsible person in collaboration with working-level colleagues as needed.
Internal Expert & Collaboration
  • Educate and inspire medical affairs staff to have the highest scientific standards
  • Give proactive scientific and medical direction to SMI and MSL: lead the Medical Affairs product related scientific activities
  • Support Sales force training and field visit upon request from Oncology Business Unit (Train Trainers).
  • Act as a bridge between clinical development and commercial teams: lead the cross-functional medical activities.
  • Review external documents on their clinical/scientific adequacy as well as on the ethical compliance to deliver a balanced message based on scientific evidence
勤務地: 東京
入社時期: ご相談可
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • Oncology Medical Affairs部門にてMedical Strategyの経験有する方
  • 英語ビジネスレベル
経験:  
職務内容:
  • 学術情報の収集、評価および集積
  • ***製品および関連する疾患の学術情報を収集し、科学的かつ公正に評価し、集積する。
  • 社内ステークホルダーに対する学術情報提供、コンサルテーション、提案
  • 社内関連部署により作成される製品戦略・資材および研修内容・資料のための学術情報提供、コンサルテーションおよび提案を行う。
  • MRの学術知識、スキルおよび意識の向上のため、高度な学術情報の発信や、専門的研修を実施する。
  • 学術情報提供、コンサルテーション、提案を行い、メディカルプラン等の作成をサポートする。
  • 学術的資材の作成および高度な学術的知識を必要とする依頼への対応
  • 適正使用ガイド、インタビューフォーム、くすりのしおりの作成/改訂、新製品に関連する投稿原稿の作成を行う。
  • 薬剤部ヒアリングや説明会等の学術講師活動および情報提供をサポートする。
  • MSD主催/共催講演会での使用スライドの学術的検証を行う。
  • カスタマーサポートセンターの対応範囲を超える学術的問い合わせに対応する。
勤務地: 東京
入社時期: ご相談可
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 必須条件:
  • 癌領域分野の専門性と経験を有すること。
  • 製薬企業のメディカルアフェアーズ、臨床開発、マーケティングまたは研修部で3年以上の経験を有すること。(CTDの読み込み出来る方)
  • 優れたコミュニケーション能力および対人調整力を持ち、社内外関係者との良好な関係を構築できること。
  • 医学論文を読み、内容を要約し説明できる(プレゼンテーションスキルがある)こと。
  • 科学的アプローチ、ロジカルシンキングができること。
  • 高い倫理観を保ち、コンプライアンス側面におけるバランスの取れた事象判断ができること。
望ましい条件、資質:
  • 薬剤師の資格
  • ビジネスレベルの英語力 (目安:TOEIC 730以上、特に読解力要)。
  • 結果志向で行動し、責任感が強いこと。
  • 自ら積極的に行動し、既成概念にとらわれず新しいことにチャレンジできること。
  • 複数の業務を効率的に進めることができること。
  • 出張が可能であること。また必要に応じ、土日の業務にも対応ができること(その場合、代休を取得)。
経験:  
匿名・無料の会員登録へ
会員には「製薬業界求人情報メールマガジン」など特典満載
会員登録

会員登録は、匿名・無料でOK!

無料会員登録はこちら
会員特典
会員専用メニュー
関連サイト