製薬業界専門の総合転職支援サービス メディエージェント

製薬・医薬業界の転職支援専門サイトとして、最新の製薬業界求人・募集情報をリアルタイムで掲載しています。

 >   >   > 

その他(臨床開発)の人材募集・求人情報

求人についての詳細を、面談形式のキャリアカウンセリング、または電話説明にて無料・匿名にてご説明いたします。
キャリアカウンセリング申し込みはこちら
求人情報無料電話説明はこちら

その他(臨床開発)

職務内容: 臨床薬理の専門家として、日本の臨床薬理戦略のみならず、グローバル臨床薬理戦略の立案に参画し、化合物ごとに適切な臨床開発を効果的に行い、患者様に届けること。
  • 臨床薬理戦略の立案
  • 臨床薬理試験の計画立案、プロトコール作成、試験実施、報告書作成
  • 薬物動態・薬力学の評価、臨床薬理試験における安全性の評価
  • 薬事文書を含む臨床薬理関連の文書作成に関与
勤務地: 神戸本社(東京でも応相談)
入社時期: できるだけ早く
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 日本の医師免許
  • 英語による業務が遂行できる程度の英語力、たとえばTOEIC700点以上
経験:
  • 臨床経験1年以上
  • 第義蟷邯海篶彎果理試験の経験1年以上、または、臨床薬理分野の教育1年以上
  • 臨床薬理および基礎的又はそれ以上の薬物動態学の知識
職務内容: 【職務概要】
  • 臨床薬理の専門家として、日本の臨床薬理戦略のみならず、グローバル臨床薬理戦略の立案に参画し、化合物ごとに適切な臨床開発を効果的に行い、患者様に届けること。
【主な職責】
  • 臨床薬理戦略の立案
  • 臨床薬理試験の計画立案、プロトコール作成、試験実施の医学的面での監視、報告書作成
  • 臨床薬理試験における安全性、薬物動態・薬力学の評価
  • 薬事文書を含む臨床薬理関連の文書作成に関与
【その他】
  • その他の臨床薬理に関連する業務
勤務地: 神戸本社(東京でも応相談)
入社時期: ご相談可(できるだけ早く)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:  
経験: 【必須経験】
  • 製薬企業又は臨床薬理施設での臨床薬理試験経験
【望ましい経験】
  • 製薬企業での臨床開発経験2年以上
  • 製薬企業又は臨床薬理施設での臨床薬理試験経験2年以上
【必須応募資格】
  • 自然科学分野での修士以上
  • 臨床薬理および基礎的又はそれ以上の薬物動態学の知識
  • 英語による業務が遂行できる程度の英語力、例えばTOEIC 700点以上
【望ましい資格】
  • 博士号
  • ロジカルシンキング、クリティカルシンキング
  • アクティブリスニング、アサーティブネス
職務内容: YOUR TASKS AND RESPONSIBILITIES
  • Managing and directing the Clinical Leaders, Clinical Project Managers and Medical Experts in a given Therapeutic Area (TA Women’s Healthcare). Sets project-related objectives and personal development goals with CLs' and conducts their annual performance evaluation.
  • Develop and maintain a motivated and competent staff by assuring that hiring compensation, development, and advancement are all in line with talents and expectations and by working with key departmental managers across legal entities in planning, development and delivery of all services.
  • Responsible to ensure the development of a clinical strategy and the operational conduct of clinical development activities according to the approved clinical development plan for all clinical development projects within the Development Organization that fall within the area of responsibility. This includes development of new molecular entities from Phase II through Phase III and registration/launch, and development for marketed products designed to optimize product value e.g. Phase IV studies, development of new indications, or development of new formulations. The purpose is to accelerate, streamline and strengthen the global clinical development effort so that investigational drugs may be approved more rapidly and positioned more competitively in the market place. For drugs already, marketed the purpose is to expand indications and/or support marketing on a global basis.
  • Close interaction with the Global Therapeutic Area Heads in Research and respective Business Units to provide critical medical input and guidance for the management of the Bayer portfolio within the respective SBE
  • Proactively manage the Bayer R&D portfolio of the respective Therapeutic Area, including proactive search, evaluation and execution of licensing opportunities in close interaction with the Global Therapeutic Area Heads in Research and the respective SBE, and appropriate decision making by the respective internal committees
  • Represent portfolio opportunities to the SBE/BU for decision making
  • Member of the Clinical Planning and Management Team, representing Clinical Development of the respective Therapeutic Area
  • Develop and apply appropriate metrics to track and benchmark clinical development strategy activities and operational clinical development activities against internal and external best practices. The environment will be one of continuous improvement.
勤務地: 大阪
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: WHO YOU ARE
Highly successful M.D. with extensive professional and academic experience or equivalent background.
Key competencies needed by the candidate include the following:
  • Proven leadership, motivational and interpersonal skills
  • Proven people management experience
  • In-depth understanding of the drug development and commercialization process with a base of experience of 10+ years in Medical Science and drug development (From protocol writing to MRR).
  • Must provide clear vision, direction, and purpose in the different cultures present within the global Medical Organization
  • Embrace change and be able to work in a changing environment
  • Strong communication skills to ensure that project plans and status are transparent, and that risks, issues, and results are clear to all involved parties. A matrix structure requires additional skills in gathering decision information, negotiation and communicating decisions and action
  • Executes his/her responsibilities with knowledge, accuracy, persistence, resilience and creativity seeking to work
  • Fluent in Japanese language (including writing skill)
経験:  
職務内容:
  • Managing and directing the Clinical Leaders, Clinical Project Managers and Medical Experts in a given Therapeutic Area (TA Pulmonology & Antiinfectives & Ophthalmology). Sets project-related objectives and personal development goals with CLs' and conducts their annual performance evaluation.
  • Develop and maintain a motivated and competent staff by assuring that hiring, compensation, development, and advancement are all in line with talents and expectations and by working with key departmental managers across legal entities in planning, development and delivery of all services.
  • Responsible to ensure the development of a clinical strategy and the operational conduct of clinical development activities according to the approved clinical development plan for all clinical development projects within the Development Organization that fall within the area of responsibility. This includes development of new molecular entities from Phase II through Phase III and registration/launch, and development for marketed products designed to optimize product value e.g. Phase IV studies, development of new indications, or development of new formulations. The purpose is to accelerate, streamline and strengthen the global clinical development effort so that investigational drugs may be approved more rapidly and positioned more competitively in the market place. For drugs already, marketed the purpose is to expand indications and/or support marketing on a global basis.
  • Close interaction with the Global Therapeutic Area Heads in Research and respective Business Units to provide critical medical input and guidance for the management of the Bayer portfolio within the respective SBE
  • Proactively manage the Bayer R&D portfolio of the respective Therapeutic Area, including proactive search, evaluation and execution of licensing opportunities in close interaction with the Global Therapeutic Area Heads in Research and the respective SBE, and appropriate decision making by the respective internal committees
  • Represent portfolio opportunities to the SBE/BU for decision making
  • Member of the Clinical Planning and Management Team, representing Clinical Development of the respective Therapeutic Area
  • Develop and apply appropriate metrics to track and benchmark clinical development strategy activities and operational clinical development activities against internal and external best practices. The environment will be one of continuous improvement.
勤務地: 大阪
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: WHO YOU ARE
Highly successful M.D. with extensive professional and academic experience or equivalent background.
Key competencies needed by the candidate include the following:
  • Proven leadership, motivational and interpersonal skills
  • Proven people management experience
  • In-depth understanding of the drug development and commercialization process with a base of experience of 10+ years in Medical Science and drug development (From protocol writing to MRR).
  • Must provide clear vision, direction, and purpose in the different cultures present within the global Medical Organization
  • Embrace change and be able to work in a changing environment
  • Strong communication skills to ensure that project plans and status are transparent, and that risks, issues, and results are clear to all involved parties. A matrix structure requires additional skills in gathering decision information, negotiation and communicating decisions and action
  • Executes his/her responsibilities with knowledge, accuracy, persistence, resilience and creativity seeking to work
  • Fluent in Japanese language (including writing skill)
経験:  
職務内容: 職務の目的
  • 疫学的な戦略と研究手法を用いて、医薬品開発の各段階(研究開発の早期から市販後)において疫学的なサポートを提供する。
  • 疫学の側面から担当製品の市販後調査をサポートする。特に2018年4月に改正する予定のGPSP省令に向けて、医療情報データベースを利用した市販後データベース調査の計画・立案、実施をサポートする
  • リスクマネジメントプラン(RMP)およびその他の医薬品開発および規制関連活動の研究・調査をサポートする
  • データベース所有者を含む学術や研究団体の専門家との専門的なコラボレーションをサポートする
  • 高いレベルの疫学的な知識を習得することにより、疫学領域におけるバイエルの知的リーダーシップに貢献する
主要役割と責任
  • 幅広く観察研究を計画・実施することによって、医薬品開発の各段階をサポートする
  • 疫学的な視点から、観察研究およびリスクマネジメントイニシアチブの計画やデザインなどに助言を行う
  • 会社のプロジェクト/製品の活動やリスクマネジメント関連の研究調査を効率的に実施するため、外部の学術研究団体やデータソース所有者との専門的なコラボレーションの構築と維持をサポートする
  • 外部データソース(ヘルスケアデータベース、患者レジストリ、その他)に対して、観察研究による研究課題に取り組む際の有用性を評価する
  • 医学・疫学文献への批評的なレビューを提供し、必要に応じてデータベースを直接利用して適時に課題を解決するとともに、疫学的観察研究活動や研究に関する論文発表やプレゼンテーションに貢献する
  • 観察研究に関連するSOPと作業手順に関する要求とガイダンスについて、安全性、薬事とその他の主要部門との間に、ネットワークを構築し、情報の共有を図る
勤務地: 東京支社 (大阪本社も可)
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: <学歴>
  • 生命科学系や医薬系(疫学、医学また薬学など)の修士以 上
<経験>
  • 疫学や薬剤疫学に関連する業務経験2年以上。製薬企業、規制当局或いは公衆衛生や学術機関での経験が望ましい
<スキル>
  • 医薬品開発プロセスとライフサイクルマネジメントへの理解力
  • 疫学や薬剤疫学研究プロジェクトの立案、実施する能力
  • 研究プロジェクトにおける統計的及び疫学的な手法の応用能力
  • 疾患領域に関する研究の経験や医療情報データベースを用いた疫学や薬剤疫学研究に対して高い関心を持つこと
  • 高い英語力 TOEIC730から800点以上(読み書き、プレゼンテーション、メールや電話会議などのコミュニケーションスキル)と日本語ネイティブレベル
  • Excelなどパソコンスキル 必須
  • 統計ソフト(SAS、SPSSなど)の利用経験が望ましい
  • 独自で仕事をやり遂げる能力及びチーム内での協調力
【資質的要件等】
  • 厳しい状況にあっても、説明責任を保ちながら、着実に成果に結びつけることができる。
  • 共通の目標を達成するために、周囲と信頼関係を構築し、協力して業務を遂行できる。
  • 組織目標と整合した方策を推進するために、計画を立案し、業務に優先順位をつけることができる。
経験:  
職務内容: YOUR TASKS AND RESPONSIBILITIES
  • If appointed as CSJ-rep, representing Clinical Sciences Japan in Japan project teams and related clinical teams.
  • If appointed as CSJ-rep, contributing to the clinical pharmacological project plan and presenting it to decision-making committees within the company.
  • As CSJ-rep, being responsible for coordination of all CS activities related to preparation and submission of dossiers (NDA) and a state-of-the-art label.
  • Representing Clinical Sciences externally, e.g. in meetings with authorities or key opinion leader meetings.
  • Providing pharmacokinetic and/or clinical pharmacological advice and expertise to independently design, plan, execute and evaluate appointed clinical pharmacological as well as clinical studies in close collaboration with the study teams.
  • Inspecting, evaluating and reporting new results within the context of development projects.
  • Drawing consequences from new results/critical processes, adapting the project plan by implementing appropriate measures to avert risk within the context of the drug development project.
  • Participating in specialist conference, seminars/relevant educational events and taking into account the state of scientific knowledge and publications, local and international authority guidelines/requirements and in-house regulations (e.g. SOPs).
  • Being responsible for content and timely provision of clinical pharmacological documents such as IB, study protocols, PRSR reports, study reports, IND documents as well as publications, when appointed as CSJ-rep, or independently providing pharmacokinetic contributions to these documents when appointed to the project or individual studies.
  • Providing pharmacokinetic and clinical pharmacology expertise in due diligences of potential in-licensing projects.
  • Networking with in-house and external experts as well as key opinion leaders, academic institutions and contract research organizations.
  • Interdisciplinary cooperation with in-house and external project partners
勤務地: Tokyo Office or Osaka Office
入社時期: なるべく早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • Pharmacist, Pharm D, MD, DVM or natural scientist with doctoral degree
  • Already existing experience in drug development and in pharmacokinetic and biopharmaceutical principles and methodologies of advantage
  • Experienced in working as part of a team and willing to gain knowledge in directing teams
  • Capable of working independently and on own initiative
  • Advanced communication and organization skills
  • Interest in interdisciplinary work
  • Efficient analytical thinking and working methods, awareness of responsibility
  • Ability to handle conflict highly resilient
  • Very good knowledge of written and spoken English
経験:  
職務内容: YOUR TASKS AND RESPONSIBILITIES
  • Independently representing CS in global project teams, if appointed as CPL leading global CS team and directing /coordinating the early clinical team (until D6) or contributing to clinical teams (after D6), respectively
  • If appointed as CPL Independently creating, updating and implementing the CS development plan and presenting it on decision-making committees within the company
  • Representing CS externally, e.g. in meetings with authorities, ethics committees and key opinion leader meetings.
  • Providing medical as well as clinical pharmacological advice and expertise to design, plan, execution and evaluation of clinical pharmacological studies in close collaboration with the study teams
  • Independently inspecting, evaluating and reporting new results within the context of development projects
  • Drawing consequences from new results/critical processes, adapting the project plan by implementing appropriate measures to avert risks within the context of the drug development project
  • Actively participating in specialist conferences, seminars/relevant educational events and taking into account the state of scientific knowledge and publications, local and international authority guidelines / requirements and in-house regulations (e.g. SOPs)
  • As CPL, being responsible for coordinating of all CS activities related to preparation and submission of dossiers (NDA) and a state-of-the-art label
  • Being independently responsible for content and timely provision of clinical pharmacological documents such as IB, IMPD, protocols, PSUR reports, study protocols, IND documents as well as publications.
  • Independently providing medical and clinical pharmacology expertise in due diligences of potential in-licensing projects and in out-licensing activities
  • Networking with in-house and external experts as well as key opinion leaders, academic institutions and contract research organizations
  • Closely cooperate with other CS functions such as Pharmacokinetics, Global Biomarker, CS Operations and Experimental Medicine, as well as across functions with in-house and external project partners
  • May provide medical expertise for specific studies (first in man, phase 1 studies with special pharmacodynamic methodology), if applicable at the location, in close collaboration with CS Operations group
勤務地: Osaka Office
入社時期: なるべく早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • MD or scientist with several years’ experience in the area of clinical pharmacology and/or the respective therapeutic field
  • Preferentially board certified clinical pharmacologist or board certification in relevant TA
  • Several years experience in drug development and in handling clinical/ clinical pharmacological studies of advantage
  • Experienced in working as part of a team and in directing teams
  • Interested in interdisciplinary work
  • Capable of working independently and on own initiative
  • Advanced communication and organizational skills
  • Interested in interdisciplinary work,
  • Efficient analytical thinking and working methods, Awareness of responsibility,
  • Ability to handle conflict, Highly resilient,
  • Very good knowledge of written and spoken English. Command of a second major language is an asset
経験:  
職務内容: ジェネラルメディスン・婦人科・皮膚科 領域の社内医学専門家として、新薬の開発業務に中心的な役割を果たすメディカルエキスパートを募集します。

【具体的な職務内容】
  • 担当領域の新規開発プロジェクトに関して、本邦での臨床開発戦略を立案する。
  • オピニオンリーダー等との意見交換等に基づいて、治験の実施計画書を作成する。
  • 治験の実施に際しては、医学的アドバイスを通じて、治験の適切な運営をサポートする。
  • 新薬の申請業務においては、治験の医学的解釈を担当し、当局対応の臨床面における中心的役割を果たす。
これらの業務遂行に際しては、グローバル本社及び社内の他部門と協調しておこなう。
勤務地: 大阪
入社時期: 応相談
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【学歴・職務経験】
  • 大学卒業以上、医学部卒
  • PhD尚可
  • 3年以上の臨床経験必須(循環器、婦人科、腎臓領域が望ましい)
  • 企業経験は不問
【職務に必要な能力・スキル・資格等】
【資格・免許】
  • 医師免許を有していること(必須) 日本国内の医師免許でなくても可
【スキル等】
  • 中級以上英語力(医学文献が読解できるレベルは必要) 留学経験はあれば尚可。(入社後のトレーニングあり)
  • PCスキル(ワード、エクセル、パワーポイントの基本操作)
【資質的要件等】
  • 厳しい状況にあっても、説明責任を保ちながら、着実に成果に結びつけることができる。
  • 共通の目標を達成するために、周囲と信頼関係を構築し、協力して業務を遂行できる。
  • 複雑で大量の、ときには相互に矛盾する情報について把握したうえで効果的に問題を解決できる。
  • 周りからのフィードバック、自らの振り返り両方を使って、自分の強みや弱みについて前向きに洞察を深めて、さらに成長していくための方法を探すことができる。
  • 将来の可能性を見極めたうえで、現状を打破する戦略を策定できる。
経験:  
職務内容: 国内治験、国際治験に関する開発費用管理業務。
臨床開発部(CRA)と共に以下の業務を行う。
  • 依頼者方針に基づいた見積内容チェックと治験契約書・費用覚書との整合性確認
  • SMO等との費用交渉
  • 医療機関別の治験費用分析及び依頼者報告
  • 試験全体の予算案作成
  • 医療機関及びSMO等からの請求管理(実績確認)
  • 治験費用に関する予算・実績の依頼者への定期報告(国外・国内)
  • 試験終了時の実績報告及び分析・総括報告
勤務地: 東京
入社時期: できるだけ早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【必須要件】
  • 治験の費用管理(開発経理業務)に興味がある方
  • エクセル(ピボットテーブル、V-lookup、sumifその他集計系の関数)に強い方
  • 社内外を問わず円滑なコミュニケーションを取れる方
【歓迎要件】
  • 医療関連の経理業務経験
  • ビジネスレベルの英語力(Business e-mail、Telephone Conference参加など)
  • 医療関連の有資格者
  • プロジェクトマネジメントに興味のある方
経験:  
職務内容: 国内治験
勤務地: 東京
入社時期: できるだけ早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【必須要件】
  • 治験の費用管理(開発経理業務)に興味がある方
  • エクセル(ピボットテーブル、V-lookup、sumifその他集計系の関数)に強い方
  • 社内外を問わず円滑なコミュニケーションを取れる方
【歓迎要件】
  • 医療関連の経理業務経験
  • ビジネスレベルの英語力(Business e-mail、Telephone Conference参加など)
  • 医療関連の有資格者
  • プロジェクトマネジメントに興味のある方
経験:  
職務内容: 部門紹介:
  • Globalでは既に存在しているが、Japanでは2016年10月に新設されたばかりの部署
  • 治験/試験の契約書及び施設費用/SMO費用に関し、Quintiles Japanで今後重要な役割を担っていく
業務対象範囲:
  • Clinical Operation(FFS、FSP)、Device、RWLPR等で実施する全ての治験/試験
仕事内容:
日本で実施する治験/試験の契約書及び施設費用/SMO費用に対して、Quintiles及びSponsorのRequirmentを踏まえて以下の業務を実施する。
  • 契約書(Clinical Trial Agreement:CTA)
    • QuintilesのCTA RequirementをSponsorに説明するとともに、Sponsor CTA Templateへの盛り込みを行い、Hybrid CTA Templateを作成する。
    • Sponsorとメール(場合によっては訪問/Tele-Conference)でHybrid CTA Templateの交渉を行う。
    • Sponsorの承認を得たHybrid CTA Templateについて、Quintiles Japan Legalの承認を得る (Legalとの協議も含む)。
    • 施設との契約交渉において、CRA/SSUからの1次エスカレーションポイントとなり、必要に応じてLegalと契約条項について協議・確認を行う。
    • 必要に応じて、CRA/SSUと施設との契約交渉のサポートを行う。
    • 必要に応じて、施設側の契約内容修正要求についてSponsorと協議を行う。
    • CTA締結前に契約書Reviewを行い承認する。
    • QuintilesのCTA Requirementについて、CPM/CRA/LM/SSU等に対してトレーニングを実施する。
  • 施設費用/SMO費用
    • 必要に応じて、施設費用/SMO費用に関してQuintiles/Sponsorの施設Budget評価基準に基づいたReviewを行い、承認する。
    • 必要に応じて、Quintiles内の協議体を開催し、その運営を行う。
勤務地: 東京
入社時期:  
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 必須
  • 治験契約のレビュー経験(細部までのレビューでなくても可)
  • 英語(Reading/WritingにおいてBusiness Level)
  • 社内関連部署やSponsor/施設との、コミュニケーションスキル/交渉スキル
  • 製薬業界での経験
あれば尚可
  • 製薬会社/CROでの法務部経験
  • 治験契約のSponsor/施設との交渉経験
  • 英語(Listening/SpeakingにおいてBusiness Level)
経験:  
職務内容:
  • クライアントや社内関係者と文書管理業務に関する手順等の構築を行う。
  • PJの必須文書の保管管理、電子化、移管がSOPに従い実行されていることを確実にする。
  • 文書管理全体において、社内関係者に対して、RCの体制や方針を提示し業務を周知する。
  • GlobalのRCプロセス変更等を理解し、日本での適用を検討し導入する(Globalとの協議を含む)。
  • 日本の文書管理業務の効率化を考え、定期的に手順の見直しを行う。
  • RC業務の見積もりについて、定期的に見直しをする。
  • RC課員の業務について、適切な作業時間で効率的及び手順に従って業務遂行していることを管理し、必要に応じて指導を行う。
  • 課員の教育及び人材育成を行う。
  • 業務プロセス及び品質における問題を発見し解決を行う。必要に応じ業務への改善策を講じる。
  • 外部委託されている業務に関して、ベンダーマネジメントを行う。
勤務地: 東京
入社時期:  
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 必須
  • マネージメント経験必要
  • 人材育成及び目標に対する課員の評価
  • 英語によるコミュニケーションが可能
    (Reading/Writing/Listeningは必要。Speakingができると尚良し)
経験:  
職務内容: 募集背景:
  • メディカルアフェアーズ(MA)本部にて臨床試験(グローバルトライアルを含む)のオペレーションを担う人財の募集
    臨床試験(グローバルトライアルを含む)のオペレーションを実施するための要員が不足しているため、即戦力としてグローバルトライアルをオペレーションできる人財を募集
仕事内容:
  • 各領域における臨床試験(グローバルトライアルを含む)のオペレーション業務
勤務地: 東京本社
入社時期: ご相談可(なるべく早い時期を希望)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 臨床試験に関する規制(J-GCP, ICH-GCP, 新倫理指針等)に精通していること
  • 外資系企業等でグローバルトライアルのオペレーション経験があること
  • 国内外スタッフとの良好なコミュニケーションが可能であること
経験:  
職務内容: 募集背景:
  • 臨床試験を進める上での基盤となる各種法規制に基づいて臨床試験の質を確保するプロセスの整備は必須であり恒常的な改善活動を求められる。SOPの管理も含めこれらの改善活動を継続していくために要員の補充が必要である。
仕事内容:
  • 臨床試験をグローバルで展開しているため海外拠点を含めて共通化したプロセス及びSOPを作成・管理する。また日本の法規制に沿った日本用プロセス及びSOPの作成管理も行う。これらを通じてグローバル試験プロセスの標準化を推進し臨床試験の品質および生産性の向上を図る。
勤務地: 東京本社
入社時期: ご相談可(なるべく早い時期を希望)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 臨床試験のQuality Management業務経験者あるいは臨床監査業務経験者
  • グローバル試験を経験しているとなお良い。
経験:  
職務内容: 募集背景:
  • 臨床試験をさらに高水準・効率よく実施するため機能を細分化し専門性の向上に努めているが、一方、パイプラインの充実により、開発業務全体を俯瞰的に見渡し、機能横断的に製品をリーダーしていける人財が不足してきている。今後のプロジェクト増に対処し、臨床開発機能を継続的に発展させていくためにはリーダー層の育成が不可欠であり、人財育成を強化する必要がある。
仕事内容:
  • グローバルリーダーの育成
  • 若手・新入社員の臨床開発パーソンとしての育成
勤務地: 東京本社
入社時期: ご相談可(なるべく早い時期を希望)
応募基準
学歴:  
スキル・資格:
  • 臨床開発、市販後を問わず臨床試験の経験者(10年以上)
    あるいはリーダー育成に対する業務経験者(5年以上)のいずれか
経験:  
職務内容: GCP準拠の臨床試験(研究)の実施および委託先の管理・監督に携わる仕事です。
  • GCP及び実施計画書に準拠して記録・報告が行われているかの確認業務
  • 治験実施医療機関へのモニタリング同行
  • GCP手順書作成、管理と手順書に基づいた教育訓練の実施
  • GCPにおける品質マネジメントの実施
勤務地: 東京
入社時期: できる限り早く(応相談)
応募基準
学歴:  
スキル・資格: 【必須条件】
  • 製薬企業でのGCP管理の業務経験
  • ビジネス英語力(読解必須、電話会議が可能なレベル)
  • 周囲の方(国内外)と協調・協力して仕事を進められる方
《望まれるスキル・経験》
  • 新人モニターの指導経験とスタディリーダー業務の補佐経験がある方
  • 製薬企業で臨床開発業務に携わり、GCP等の規制要件に精通された方
  • 高いコミュニケーション能力(日本語・英語、TOEIC750点以上なら尚可)、プロジェクトを積極的に進める力のある方
  • 薬剤師免許をお持ちの方
経験:
職務内容:
  • 外部就労型は、クライアント先にて臨床開発プロジェクトのQC業務を担当
  • 受託型は、本社にて臨床開発、臨床研究、食品治験などの多岐にわたるQC業務を担当
勤務地: 東京
入社時期: 応相談
応募基準
学歴:  
スキル・資格:  
経験:
  • 3年以上の臨床開発QCの実務経験
※3年未満も応相談
職務内容: CRCとは、Clinical Research Coordinatorの略称です。
治験コーディネーターとして被験者のケアや実務的な側面から治験をサポートします。医学的判断を伴わない業務を支援し、多忙な医師の治験業務の負担を軽減しながら、治験がスムーズに進行するように努めます。
【具体的な業務内容】
  • 治験に参加できる被験者(患者さん)候補の探索・抽出(スクリーニング)
  • 治験に参加頂ける患者(被験者さん)のリクルート
  • 治験参加者への治験薬の詳しい説明を実施
  • 被験者(患者さん)からの治験参加同意書の取得
  • 治験薬の服薬指導
  • 被験者の来院スケジュール管理とコンプライアンス管理
  • 症例報告書(CRF)への転記・記入
  • モニタリング(監査)の立会い
勤務地: 東京、大阪、福岡
入社時期: 応相談(なるべく早く)
応募基準
学歴:
  • 大学卒以上
※看護師・臨床検査技師・臨床工学技士の実務経験1年以上の方は大卒でなくとも可
スキル・資格:
  • 資格不問(医療資格の有無、及び臨床経験は問いません)。
※看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、MR尚可
経験:
  • 社会人経験1年以上、業界・職種不問
【求める人物要件】
「コミュニケーション能力」「素直さ」「学習意欲」「倫理観」「ホスピタリティ」
「組織・チームへの貢献意欲」「チーム主義」
匿名・無料の会員登録へ
会員には「転職お祝金10万円」「製薬業界求人情報メールマガジン」など特典満載
会員登録

会員登録は、匿名・無料でOK!

無料会員登録はこちら
会員特典
会員専用メニュー
関連サイト